本業とは別に副収入を、不動産投資信託の豊富な魅力に迫る

理想的に利益を上げる驚きの方法とは

賃貸経営の人気

自己管理から委託管理へ

昔からの賃貸経営の代表は、大家さんであろう。学生相手の間借り中心の下宿から、小さな長屋式アパート等自己管理が賃貸経営の主流であった。 人口の増加、地方から都会への人口の流出が盛んになるにつれ、需要が供給を大幅に上回る時代の変化を受け、都会では、単身赴任用の賃貸経営物件が増えて行き、地方の中核都市には住宅団地の建設が進み、マイホームブームと共に、団地やその周辺への賃貸物件も増え、土地所有者が賃貸経営に乗り出すことが増えてきた。 そうなると、賃貸人と賃借人との契約問題、賃借物の管理、修理等新たな諸問題が発生するようになり、専門家の智慧を借りなければならない事も増えてきて、賃貸経営管理を専門業者に委託するようになってきた。

時代の変化に柔軟に対応

そして現在は、人口は減少傾向が見られ、少子高齢化が進み、中核都市の団地は、空き家が目立ちだし、高齢者団地とまで言われるようになってきている。 一方、地域によっては、不思議な現象も見られている。即ち、人口は、減少傾向が見られるのであるが、逆に世帯数は増えていく現象である。 家族構成が、核家族から更に単身世帯の増加へと変化してきていることがその要因のようである。 そうなってくると、賃貸経営も単身者向きのワンルームタイプが主流になってくる。長い不況を経て、企業は社宅等を手放し、賃貸物件を利用する方が得策と方針転換し、賃貸需要者の増加の一因にもなっているようである。 賃貸経営が多様化するに連れ、管理の専門家も増え、一括管理等オナーにとって有益なシステムも出来、経営管理も自己管理から委託管理へと移行している。