本業とは別に副収入を、不動産投資信託の豊富な魅力に迫る

理想的に利益を上げる驚きの方法とは

経営の歴史

都市化の流れに合わせたアパート建設の歴史

アパート経営の最大のチャンスは、人口の増加と都市化の進行である。そのために戦後から高度成長の時代にかけては、都市部で木造アパートの建設が盛んに行われたのが最大の特徴であろう。また首都圏や近畿圏への人口の集中によって、その周辺エリアでもアパート建設が盛んになり、農家などが副業としてアパート経営に参入したのが昭和30年代以降の特徴であろう。そして時代とともに賃貸住宅の質も高まってきたので、最近では軽量鉄骨構造のようなクオリティーの高いアパート建設が主流である。そして建物の耐用年数も長くなったので、メンテナンスに気を配るアパート経営者も増加傾向である。そのためにアパート向けのリフォームサービスの充実が、最近の大きな変化であろう。

賃貸需要の変化と今後のアパートの理想像

高収益のアパート経営を行うためには、常に未来を予測する経営戦略が大切である。特に賃貸物件の品質がこの20年間で大きく高まったので、今後は物件の間の競争が激しくなるであろう。とりわけ新しい物件と広い物件へのニーズが今後も高まるので、アパートを新築するオーナーや、ゆったりとした物件を提供する大家も増えるであろう。一方で建材を工場で製造することで、短い工期で建設可能なアパートも登場するであろう。そのために土地所有者がアパート経営を思いついた場合でも、すぐに建設を開始することで、数か月後には家賃収入が得られるであろう。また投資物件の売買が活発化することによって、値上がり益も期待する所有者が増えるであろう。