本業とは別に副収入を、不動産投資信託の豊富な魅力に迫る

理想的に利益を上げる驚きの方法とは

一括借り上げとは

30年一括借り上げについて知っておこう

30年一括借り上げという言葉を最近良く聞くようになりました。30年一括借り上げとは、新築のマンションを購入すると、そのマンションの家賃保証をしてくれるというものです。家賃保証とは、空室がある場合は、不動産会社がその部屋を借りたことにしてその分の家賃がオーナーである投資家に振り込まれる仕組みになります。しかも30年一括借り上げという名前の通り30年間ずっとです。 この制度は一見オーナーにとってとても優れた制度に感じるかもしれません。なぜなら、オーナーとしては、購入した新築マンションに空室が出ることを恐れるからです。そこでこの30年一括借り上げによる家賃保証があれば鬼に金棒なのです。家賃保証の額が定額ならの話ですが。

30年後にはどうなっているか

オーナーにとって30年一括借り上げの問題点は、家賃保証の額が定額ではないことです。オーナーとしては新築から数年間は何ら問題が無く順風満帆ですが、2年おきに改定される家賃の額により、家賃の保証額が減少していきます。 やがて、マンションも古くなるわけですから空室が増えていくのです。これによって家賃保証が多くの空室に及び全体的な家賃収入は赤字になります。 この点、空室を減らせば問題ないでしょう。しかし、人口の増減を見ても30年一括借り上げの「30年」後は人口が1億人を切っています。現在のマンション購入者数の4分の1程度がいなくなるということです。そんな中で空室をなくすのは至難の業なのは想像に難くはありません。 ただ、人気のあるマンションは何年経過しても空室ができにくい傾向があるので、投資家としては物件を見極める目を持つしかありません。