本業とは別に副収入を、不動産投資信託の豊富な魅力に迫る

理想的に利益を上げる驚きの方法とは

双方にメリット

家賃滞納・不払いのリスクを回避するシステム

賃貸住宅の経営が成功するかどうかは、毎月家賃収入が安定的に得られるかどうかにかかっていることは言うまでもありません。 ただ、残念ながらすべての入居者が家賃支払いに関して優良であるとは限りません。しばしば支払いが遅れたり、督促しても言を左右にしてなかなか応じなかったり、中にはそのまま行方をくらましてしまうといったたちの悪い入居者にあたってしまうこともあります。 こうしたリスクを回避するための手段の1つに、家賃保証会社を利用するというものがあります。家賃保証会社とは、入居者が家賃などを滞納した場合に、その入居者に代わって債務を弁済するサービス事業者です。言ってみれば連帯保証人の代行業者のような存在です。

入居者側にもメリットあり

家賃保証は、入居者とオーナーが賃貸契約を結ぶ際に合わせて家賃の支払い保証契約を結ぶことによって成立するシステムです。入居者の支払う家賃はまず保証会社あてに入金され、そこから手数料を差し引いた額がオーナーに渡ります。つまり見方を変えれば家賃の回収代行サービス業と言うこともできます。手数料の額は会社ごとに異なりますが、おおむね家賃の10パーセントから20パーセントの間が平均的なところです。 家賃保証システムを利用することにより、オーナー側は家賃の回収や滞納家賃の督促といった業務から解放されます。一方、連帯保証人を立てられないような事情のある入居者にとっては、このシステムのおかげで入居しやすくなるというメリットがあります。